歯列矯正、こども予防歯科、デンタルエステのティースマイン京都クリニック

ご予約・ご相談は 075-491-9990 メールはこちらから

カテゴリー

レインボー 患者さまに選ばれる7つのポイント

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • クリニック案内
  • スタッフ紹介
  • 歯列矯正
  • こどもデンタルアカデミー こども予防歯科
  • デンタルエステ
  • ブライダルエステプラン
  • マタニティ歯科・妊婦歯科検診
  • 歯の人間ドックメインテナンス・クリーニング
  • 節目健診・企業健診
  • マウスピース スポーツガード
  • Q-Life アンケート
  • Q&A
  • ぎふっ子カード
  • 初診カウンセリングのご予約
  • 資料請求
  • スタッフ募集
  • お気に入りに登録する
  • 京都クリニックホームページ
  • ブログ
  • 衛生士ワンポイントアドバイス
  • 技工士ワンポイントアドバイス
  • クリニカル・コーディネーターワンポイントアドバイス
  • エンジェルママのワンポイントアドバイス
  • ひよこクラブに掲載されました!
  • Premoに掲載されました!
  • 旧大橋歯科医院に通っていただいていた方へ
携帯電話からもアクセスできます

teeth mine 岐阜クリニック

クリニック案内はこちら
〒500-8175
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL (058) 266-9001
FAX (058) 266-9002

〈予約制〉
 平日11:00~19:30
 土曜10:00~19:00
〈休診日〉 水・日・祝
〈お問い合わせ〉

0120-11-9990

  • マタニティマーク普及啓発協力事業所
  • ピンクリボン運動に参加しています
  • 赤ちゃんステーション登録施設
  • ファミリーサポートセンター
  • ティール&ホワイトリボン
  • 両立支援のひろば
  • 女性の活躍・両立支援総合サイト
  • カムバック支援総合サイト

エンジェルママのワンポイントアドバイス

赤ちゃんの口の変化 ④ vol.83

2017年05月20日 【歯のケア】

 

 

                 2歳の赤ちゃん

 

       この時期から奥歯の第二乳臼歯が生えてきます。上下の歯が

      噛み合うことで、それほど硬くないコロッケやハンバーグなどが

      食べられるようになります。奥歯で噛むことで噛む回数、力が調節されます。

       乳歯が生えるスピードや噛む力は一人一人違うので

      食べ物は硬さを調節して与えてあげましょう。

 

        

 

赤ちゃんの口の変化 ③  vol.82

2017年04月20日 【歯のケア】

   

           

                  1歳半の赤ちゃん       エンジェルH.29.4月.pngのサムネール画像

       

         保健所や医療機関で1歳児健診があり、初めての歯科健診も始まります。

           歯医者さんの先生にお口の中を診てもらうということで赤ちゃんも

        ドキドキですね。

        

         この時期に上下の歯が合計12本生えそろってきます。離乳食の完了期に入り、

        食べ物をよく噛んで食べることを覚えるの時期なので、赤ちゃんのペースに

        合わせて1口量を調節して食べさせてあげて下さい。

         

 

        

 

赤ちゃんの口の変化 ②   vol.81

2017年03月20日 【歯のケア】

 

 

                1歳ごろの赤ちゃん                  エンジェル3月.pngのサムネール画像のサムネール画像

 

        上下の前歯4本がそろってきます。パパやママを見て、歯ブラシを使い

       歯を磨くことを覚えたり、見るもの、触れるもの全てに興味を持ちはじめ、

       言葉も少しずつ理解し始めます。

       歯ブラシを動かしたり、言葉が少しずつ話せたときなどは

      『偉いね、すごいね。』など赤ちゃんをほめてあげてください。

 

       生えたての乳歯は柔らかくむし歯になりやすいため、この時期から

      フッ素の入った歯みがき粉を使い、むし歯菌から歯を守りましょう。

                          

 

赤ちゃんの口の変化 ①  vol.80

2017年02月20日 【歯のケア】

        

               0歳〜6ヶ月ごろの赤ちゃん       赤ちゃん歯磨き.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

                

            離乳食を摂取するために歯が生え始める準備をしています。

          だ液の量が急に増えはじめたら歯が生えてくるサインです。

          また、これにともなって歯ぐきがムズムズかゆくなり

          ご機嫌がナナメの日も増えます。

           歯ブラシに少しずつ慣れさせていくために、この時期から 

          歯ブラシを使い始めると良いでしょう。

 

赤ちゃんに使う歯みがき粉の量はどれくらい?? vol.79

2017年01月20日 【歯のケア】

 

    歯みがき粉は、歯が生え始めたら使うと良いですが、初めて

   歯みがき粉を使うときに一度にどれくらい歯みがき粉を

   出したら良いのか、迷った事はないでしょうか?    

   一度にたくさん使う必要はありません。

   赤ちゃんの切った爪程度の量を歯ブラシの先につけて磨きます。

    まだうがいが上手くできない赤ちゃんには、最後にガーゼで

   お口の中のつばや歯みがき粉を拭き取ってあげると良いです。

    

 

        

 

ほ乳びんとむし歯の関係について  vol.78

2016年12月20日 【食事とお口の関係】

 ◯  ほ乳びんは与えるお口の影響は?

  
    ほ乳びんでミルクやジュースを飲んでいると、糖分が口の中に

   長く滞在する状態になります。この状態が続くと、むし歯菌が糖分を

   えさにして酸を出し、歯を溶かし、さらに進行しむし歯になってしまいます。

 

◯  予防するには?

 

    赤ちゃんが起きているときには、ミルクやジュースを飲んだ後に

   お茶やお水でお口の中をスッキリさせてあげると良いでしょう。

    寝かせる時には、ほ乳びんで飲み物を与えなしようにするのが

   良いでしょう。難しければ最初は、ほ乳びんで与える飲み物を

   ジュースやミルクではなくお茶など、糖分が含まれていないものに

   変えると良いでしょう。

 

 

母乳が赤ちゃんのお口にあたえる影響  vol.77

2016年11月20日 【】

 

  ①母乳とむし歯の関係について

     生後6ヶ月頃になると前歯が顔を出し始めます。離乳までの間に

    「乳歯ってむし歯にならないの?」と心配されたことはないでしょうか。

    歯医者さんでも歯が生え始めたら「少しずつ歯みがきの練習をしていくと良い」

    など、言われることがあると思います。その理由は、歯が生え始めるとすぐに

    むし歯の原因となる「ミュータンスレンサ球菌」という菌が、歯の表面で

    活動をはじめます。歯をきれいにしておかないと「ミュータンスレンサ球菌」は

    母乳に含まれる糖質を分解し、歯によごれをつけます。

 ②どうしたらいいのか・・・
 
     母乳を飲んだ後ガーゼでお口の中を拭いてあげる、その子にあった

    小さめの歯ブラシで磨いたりなど、赤ちゃんの歯を日々キレイにして

    あげることでむし歯のリスクは低くなります。
 
    
     母乳はむし歯の直接の原因ではありませんが、お口の環境を清潔に保つため

    赤ちゃんのころからのお口のケアを大切にしてあげてください。

 

1|2|3|4|5 >>
診療前のご相談・お悩みはお気軽にお問い合わせください

矯正治療のお悩みは、まず当クリニックにご相談ください。