歯列矯正、こども予防歯科、デンタルエステのティースマイン京都クリニック

ご予約・ご相談は 075-491-9990 メールはこちらから

カテゴリー

レインボー 患者さまに選ばれる7つのポイント

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • クリニック案内
  • スタッフ紹介
  • 歯列矯正
  • こどもデンタルアカデミー こども予防歯科
  • デンタルエステ
  • ブライダルエステプラン
  • マタニティ歯科・妊婦歯科検診
  • 歯の人間ドックメインテナンス・クリーニング
  • 節目健診・企業健診
  • マウスピース スポーツガード
  • Q-Life アンケート
  • Q&A
  • ぎふっ子カード
  • 初診カウンセリングのご予約
  • 資料請求
  • スタッフ募集
  • お気に入りに登録する
  • 京都クリニックホームページ
  • ブログ
  • 衛生士ワンポイントアドバイス
  • 技工士ワンポイントアドバイス
  • クリニカル・コーディネーターワンポイントアドバイス
  • エンジェルママのワンポイントアドバイス
  • ひよこクラブに掲載されました!
  • Premoに掲載されました!
  • 旧大橋歯科医院に通っていただいていた方へ
携帯電話からもアクセスできます

teeth mine 岐阜クリニック

クリニック案内はこちら
〒500-8175
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL (058) 266-9001
FAX (058) 266-9002

〈予約制〉
 平日11:00~19:30
 土曜10:00~19:00
〈休診日〉 水・日・祝
〈お問い合わせ〉

0120-11-9990

  • マタニティマーク普及啓発協力事業所
  • ピンクリボン運動に参加しています
  • 赤ちゃんステーション登録施設
  • ファミリーサポートセンター
  • ティール&ホワイトリボン
  • 両立支援のひろば
  • 女性の活躍・両立支援総合サイト
  • カムバック支援総合サイト

エンジェルママのワンポイントアドバイス

離乳食の6つのステップ⑥ Vol.70

2016年04月20日 【ベビーちゃんの食事】

 一般社団法人SHTAのOHCセミナーの6つのステップの

6ステップめのご紹介です。

 

普通食】:永久歯に生え変わる頃(6歳臼歯の萌出)

乳歯が生えそろい、上下の歯が噛み合うようになると、

しっかりと噛めるようになり、大人とほぼ同じものが食べられる

普通食となります。

食事の量や質と合わせて、”よく噛んで食べる”ことも

意識してみましょう。

 

 

 20160420entop.PNG

 

  

 1.6歳臼歯の特徴

  ①6歳臼歯とは、6歳前後に乳歯列の1番後ろ(前から6番目)に

   生えてくる永久歯のことを言います

  ②生えたばかりの永久歯は幼若永久歯とも呼ばれ、

   まだ歯の質が弱く、噛み合わせの溝も深いため、むし歯になりやすいので

   注意が必要です

  ③生えたばかりの6歳臼歯は、他の歯よりも背が低いため、

   歯ブラシでみがく時には工夫が必要です

 

 2.口腔ケア

  ①歯ブラシをお口の横から入れて、歯列に垂直に交わるように

   入れます

   乳歯の奥にある6歳臼歯に、歯ブラシの毛先が当たったら、

   細かく動かして、溝や歯ぐきの境目に入り込んだ汚れを

   かき出すようにみがきましょう

 

 

20160420en2.PNGのサムネール画像

 

 

  ②お子さまだけでは充分にみがくことができない部分です

   仕上げみがきの時にしっかりとみがきましょう

 

 

20160420en.PNG

 

 

  ③『プラウト』といった小さな歯ブラシを使うことで、

   奥まった歯も、みがきやすくなります

 

 

20160420en3.PNG

 

 

  ④お子さまが使う歯ブラシは、持ちやすく、ヘッドの小さなものを

   選びましょう

  ⑤ 歯みがき剤や歯みがきジェルは、量が多いと、

   お口の中が泡やだ液でいっぱいになってしまい、歯みがきが

   うまくできないことがあります

   商品ごとに決められた使用量を守るようにしましょう

   それでも多いようであれば、量を少なくしていきます

 

3.普通食は?

  ①しっかりと噛めるようになったら、色々なものを食べるようにしましょう 

  ②好き嫌いがあるかもしれませんが、調理方法を変えるなどして、

   少しずつでも毎日の食事に取り入れるようにしてみましょう

  ③よく噛むことで、アゴの成長を促すことができます

   やわらかいものだけでなく、歯ごたえのある硬いものも

   食事や間食で摂るようにしましょう

 

                      (一般社団法人SHTAのOHCセミナー)

 

 

離乳食の6つのステップ⑤ Vol.69

2016年03月20日 【ベビーちゃんの食事】

 一般社団法人SHTAのOHCセミナーの6つのステップの

5ステップめのご紹介です。

 

【幼児食】:一番奥の歯が噛みあうまで(EE)

一番奥の歯が噛み合うまでは、大人と同じものを食べるのは難しく、

 

・まとまりにくいもの (ブロッコリー、ひき肉)

・皮が口に残るもの  (豆、トマトの皮)

・ペラペラしたもの  (葉もの野菜、のり)

・弾力が強いもの   (イカ、タコ、かまぼこ)  

 

は、食べる事ができません。

しかし、食感をやわらかく、まとまりやすくすることで、

大人とほぼ同じものが食べられるようになります。

 

 

 20160320en.PNG

 

  

 1.フッ素の利用法

  ①生えたての乳歯は、まだ歯の質が弱く、むし歯になりやすいので、

   念入りにケアをするようにしましょう

  ②フッ素には、歯を強くする効果と、むし歯菌の働きを弱める効果があります

  ③歯みがき剤にフッ素が入っているもの、フッ素がジェル状や

   液状になっているもの等、フッ素は様々な方法で利用することができるので、

   お子さまの味の好みや、うがいができるかどうかに合わせて選びましょう

  ④うがいがうまくできない場合は、液状のものでなく、

   ジェル状の歯みがき剤がオススメです

  ⑤製品や年齢によって使用量が変わるので、チェックしてから利用しましょう

 

 2.口腔ケア

  ①自分で歯みがきができるように練習をしましょう

  ②子どもが自分でみがく歯ブラシは毛束がまとまっていて、

   歯に当ててみがく部分(ヘッド)が小さなものを選びましょう

  ③自分でみがける部分も増えてきますが、みがき足りない部分もあるので、

   仕上げみがきでカバーしていきましょう

  ④奥歯の溝、歯と歯の間、歯の内側(舌あって歯ブラシが当てにくい部分)は、

   汚れが溜まりやすく、みがきにくい部分です

  ⑤仕上げみがき用の歯ブラシに合わせて、フロスやプラウトといった

   小さな歯ブラシを使うことで、効率よくみがくことができます

  ⑥日常では”癖”、仕上げみがきでは”お口の中”をよく観察してみましょう

  ⑦態癖や舌癖は、口呼吸や歯列不正の原因になることがあります

  ⑧気になることがあれば、遠慮なく歯科医師、歯科衛生士、

   クリニカル・コーディネーターにご相談ください

 

 3.幼児食は?

  ①まだ噛む力は不十分です

   1番奥の歯が噛み合い、しっかりと咀嚼ができるようになるまでは、

   食材選びや調理方法に工夫が必要です

  ②食感を柔らかくするために煮込んだり、まとまりやすくするために

   とろみをつけるのもよいでしょう

 

                   (一般社団法人SHTAのOHCセミナー)

 

離乳食の6つのステップ④ Vol.68

2016年02月20日 【ベビーちゃんの食事】

 一般社団法人SHTAのOHCセミナーの6つのステップの

4ステップめのご紹介です。

 【離乳食 後期Ⅱ】:下の奥歯2本が生えてきた頃(DD)

前回の離乳食後期Ⅰのステップでしっかりと食べられるようになると、

2つめのステップに進みます。

食事の時は丸飲み込みをしていないか、チェックするようにしましょう。

 

 

 an201602x.PNG

 

  

 1.カリエスリスク(むし歯のなりやすさ)について

  ①離乳食が3回食になると、ベビーちゃんの離乳食の進み具合や、

   栄養バランスによって、卒乳やフォローアップミルクを利用することが

   あります

  ②母乳やフォローアップミルクを与える時に哺乳瓶を使う場合は、

   上の前歯の裏側や奥歯にミルクが溜まりやすく、

   むし歯になりやすいので注意しましょう

  ③特に就寝前は、お口の中の自浄作用(お口の中の汚れを

   だ液などで流してキレイにする作用)が働きにくくなるので、

   ②で取り上げた部位を中心に、ベビーちゃん用の小さな歯ブラシか

   ガーゼでお口の中のミルクや汚れを取り除くようにしましょう

 

 2.口腔ケア

  ①歯ブラシは毛が柔らかく、歯に当たる面が平らで、

   毛束がまとまっているものを選びましょう

  ②ベビーちゃん用の歯みがきジェルには味が付いているので、

   歯みがきを嫌がる場合にはオススメです

   フッ素が入っているものを選ぶことで、むし歯を予防する

   こともできます

  ③歯みがきジェルは切った爪くらいの少量でOK

  ④スプーンなどが持てるようになったら、ベビーちゃん用の

   小さな歯ブラシを持たせてみましょう

  ⑤自分で歯ブラシを持って、お口に入れることで、

   自分みがきの練習になります

  ⑥奥歯の溝に汚れが溜まりやすいので、歯ブラシを鉛筆持ちにして

   アゴや頬に支えの指を置いたら、歯に歯ブラシの毛先を当てて

   細かく動かします

   溝の汚れをかき出すようにしましょう

  ⑦ベビーちゃんが歯ブラシを持っている時は、のどをついたりする

   こともあるので、必ず目をはなさないようにします 

 

 3.離乳食は?

  ①歯の萌出に合わせて離乳食を進めて行きます

  ②歯ぐきでつぶせる、固ゆで卵の白身くらいの固さのものにしましょう

 

                   (一般社団法人SHTAのOHCセミナー)

 

離乳食の6つのステップ③ Vol.67

2016年01月20日 【ベビーちゃんの食事】

 一般社団法人SHTAのOHCセミナーの6つのステップの

3ステップめのご紹介です。

 

  【離乳食 後期Ⅰ】:上下の前歯が生えそろった頃(BB)

大切なのは丸飲みのクセがつかないようにすること。

食事の時はお口に入れた後、丸飲みしていないかをチェックしましょう。

 

 

eng20150120.PNG

 

 

 1.キシリトールの利用法

  ①ママやパパなど、周りの人がキシリトールを利用することで、

   ベビーちゃんのむし歯菌感染を防ぐことができます。

  ②キシリトールの『むし歯菌の働きを弱める』効果を利用して、

   べビーちゃんの周りの人が細菌感染の対策をとりましょう。

  ③キシリトールガムを1日3回毎食後に10分程度かんでから

    歯みがきをすることで、お口の中のむし歯菌の働きが

   ぐっと少なくなります。

   まずはパパ、ママから始めてみるのも良いでしょう。

 

 2.口腔ケア

  ①歯を使って食事をするようになるので、お口の中を観察しながら

   ケアを進めていきましょう。

  ②ベビーちゃんがお口の中を触られるのに慣れてきたら、

   食事の後にガーゼやフロスでお掃除をして、

   『歯みがきのリズム』をつくるのもよいです。

 

 3.離乳食は?

  ①歯ぐきでつぶせる、完熟したバナナくらいの固さの

   ものにしましょう。

  ②食事のリズムを大切に、1日3回食を進めていきます。

 

(一般社団法人SHTAのOHCセミナー)

 

離乳食の6つのステップ② Vol.66

2015年12月20日 【ベビーちゃんの食事】

一般社団法人SHTAのOHCセミナーの6つのステップの

2ステップめのご紹介です。

 

 【離乳食 中期】:上下の前歯が生えてきた頃(AA)

歯が生えてきたら、少しずつお口のケアを始めます。

離乳食を食べた後や母乳・ミルクを飲んだ後に

清潔なガーゼで歯を拭きます。

お口の中に手や物が入るということに慣れてもらう時期でもあるので、

無理強いせずに楽しい雰囲気で行うのがよいです。

 

 eng20151220.PNG

 

 

 1.細菌感染について

  ①歯が生えてきたので、むし歯菌の感染やむし歯にも気をつけましょう。

  ②ベビーちゃんは、むし歯菌を持っていませんが、

   家族や周りの人から、唾液などを介してむし歯菌に感染します。

  ③コップやスプーンといった食器の共有やおもちゃなど、

   ベビーちゃんのお口に入る物には注意しましょう。

  ④ベビーちゃんは、むし歯菌を家族からもらうことが多いので、

   特に家族感染に注意してみましょう。

  ⑤むし歯菌の感染が、むし歯の入り口となります。

  ⑥感染に注意するだけでなく、少しずつ口腔ケアも進めて、

   むし歯を予防していきましょう。

 

 2.口腔ケア

  ①ガーゼで拭く程度でOK

  ②お口の中に物が入ることに慣れてもらいます。

  ③2本の歯が生えてきて、歯と歯が接するようであれば、

   フロスもオススメです。

 

 3.離乳食は?

  ①舌でつぶせる固さにします。

  ②1日2回食で食事のリズムをつけていきます。

  ③色々な味や舌触りを楽しめるように、

   食べ物の種類を増やしていくのもよいです。

 

(一般社団法人SHTAのOHCセミナー)

 

離乳食の6つのステップ① Vol.65

2015年11月20日 【ベビーちゃんの食事】

乳幼児を持つお母さんや保護者の方へ向けて、

こどもの成長を月齢ではなく、歯の萌出(ほうしゅつ)に意識を向け、

離乳食の進め方や口腔ケアに対して意欲的になっていただくために

一般社団法人SHTAのOHCセミナーより、

6つのステップについてご紹介していこうと思います。

 

【離乳食 初期】:下の前歯が生える前(無歯顎)

大切なのは唇の力をつけること。

唇を閉じる前にスプーンを引き抜かないようにすることです。

 

 

eng20151120.PNG

 

 

 1.口唇圧について

  ①口唇圧とは唇の力のことをいいます。

  ②この時期に口唇圧を鍛えることで、お口をしっかりと閉じることが

   できるようになります。

 

 2.口腔ケア

  ①まずは、お口のまわりのマッサージでお口のまわりを

   触ることに慣れてもらいます。

  ②話しかけたり、歌いながら、頬や唇のまわり、唇を触って、

   楽しい雰囲気をつくります。

  ③嫌がらないようなら、少しずつ、お口の中に触れていきます。

 

 3.離乳食は?

  ①かき混ぜたヨーグルトくらいの固さのものにしましょう。

  ②様子をみながら、1日1回1さじずつ始めます。

  ③母乳やミルクは飲みたいだけ与えます。

 

(一般社団法人SHTAのOHCセミナー/AERAwithBaby6月号・朝日新聞出版)

 

噛むことの大切さ④ Vol.64

2015年10月20日 【お子さまの歯ならび】

前回は噛むことで得られる良いことのポイント7つのうち

4つをご紹介しましたが、今回は残りの3つをお話ししようと思います♪

 

 5.胃腸が快調になる

よく噛むことで脳を刺激して胃腸の働きを活発にしたり、

食べ物が小さくなり、消化を助けます。

 

6.食べ物のおいしさが分かる

味わって食べることで食べ物本来のうまみや歯ごたえを感じることができ

よりおいしく食事できます。

 

7.食べ過ぎ防止、肥満予防

ゆっくり噛むことで脳が満腹感を感じ、食べ過ぎを防ぎます。

 

このように噛むということには、たくさんの良いことがあるので

飲み込む前にプラス5回噛むよう意識してみましょう☆

また、家族みんなで楽しく食事をすることや、

食べ物を水やお茶などの飲み物で流し込まないようにすることも大切です(^^)

SHTA通信1月号より

 

 

<< 3|4|5|6|7 >>
診療前のご相談・お悩みはお気軽にお問い合わせください

矯正治療のお悩みは、まず当クリニックにご相談ください。