歯列矯正、こども予防歯科、デンタルエステのティースマイン京都クリニック

ご予約・ご相談は 075-491-9990 メールはこちらから
  • 歯列矯正
  • こどもデンタルアカデミー こども予防歯科
  • デンタルエステ

HOME > Q&A > 歯列矯正

カテゴリー別

レインボー 患者さまに選ばれる7つのポイント

コンテンツ

  • 初めての方へ
  • クリニック案内
  • スタッフ紹介
  • 歯列矯正
  • こどもデンタルアカデミー こども予防歯科
  • デンタルエステ
  • ブライダルエステプラン
  • マタニティ歯科・妊婦歯科検診
  • 歯の人間ドックメインテナンス・クリーニング
  • 節目健診・企業健診
  • マウスピース スポーツガード
  • Q-Life アンケート
  • Q&A
  • ぎふっ子カード
  • 初診カウンセリングのご予約
  • 資料請求
  • スタッフ募集
  • お気に入りに登録する
  • 京都クリニックホームページ
  • ブログ
  • 衛生士ワンポイントアドバイス
  • 技工士ワンポイントアドバイス
  • クリニカル・コーディネーターワンポイントアドバイス
  • エンジェルママのワンポイントアドバイス
  • ひよこクラブに掲載されました!
  • Premoに掲載されました!
  • 旧大橋歯科医院に通っていただいていた方へ
携帯電話からもアクセスできます

teeth mine 岐阜クリニック

クリニック案内はこちら
〒500-8175
岐阜市長住町2-4 大橋ビル3F
TEL (058) 266-9001
FAX (058) 266-9002

〈予約制〉
 平日11:00~19:30
 土曜10:00~19:00
〈休診日〉 水・日・祝
〈お問い合わせ〉

0120-11-9990

  • マタニティマーク普及啓発協力事業所
  • ピンクリボン運動に参加しています
  • 赤ちゃんステーション登録施設
  • ファミリーサポートセンター
  • ティール&ホワイトリボン
  • 両立支援のひろば
  • 女性の活躍・両立支援総合サイト
  • カムバック支援総合サイト

Q&A

歯列矯正

矯正治療は痛いと聞きましたが、本当に痛いものなのですか?

痛みの感じ方は様々ですが、矯正装置の調整後は、歯を移動させるために若干の痛みがあります。

その痛みは矯正治療期間中ずっと続くわけではなく、数日間で次第におさまってきます。

teethmineの院長、副院長そしてスタッフも矯正治療の経験者です。

ご心配なことがありましたら何でも遠慮なくおたずねください。

 

 

子どもの歯ならびが、ガタガタしており、気になります。早く矯正治療をしてもらいたいと思っています

早く矯正治療を始めたからといって、その分、治療が早く終わるわけではありません。

矯正治療を始めるタイミングは、治療が一番スムーズに進む『ベストタイミング』を

見極めることが大切です。

最適な時期に治療をスタートさせることがお子さまの負担を減らすことにもつながります。

定期的に専門医のチェックを受けることで、『ベストタイミング』を逃すことなく

矯正治療をスタートすることが一番です。

8歳の子どもをもつ母親です。まわりの子どもは矯正治療をしています。矯正治療を始めるのは、何歳くらいがよいのでしょうか?

お子さまの矯正治療を始めるタイミングは年齢ではなく、生え変わりの状態や、

お口のタイプによって異なります。

気になることがあれば、まず専門医を受診することです。

専門医がお子さまのお口をみて矯正治療が必要かどうか、そして治療を始めるのであれば、

最適な時期を見極めてアドバイスしてくれます。

スポーツをしています。ブラケットをつけて矯正治療はできますか?

はい。スポーツをしていてもブラケット装置をつけて矯正治療をすることができます。

ブラケット装置をつけて矯正治療中のオリンピック選手もたくさんいらっしゃいます。

ただ、格闘技など口もとのケガにつながるようなスポーツをする場合には、

くちびる、歯を保護するための『スポーツガード』をしていた方がより安心です。

固定式の装置がついた後は、どのように歯みがきすればよいですか?

固定式の装置がつくと、歯みがきがにしくくなり、

むし場になりやすく、毎日のお家でのケアも重要なポイントとなります。

歯ブラシの毛先をしっかりと当てるようにして装置まわりを意識しながら

今までよりも入念にみがく必要があります。

担当の歯科衛生士からの歯ブラシの当て方、動かし方、ご自分の苦手な場所などの

歯みがき練習を参考にしてお家でのケアを続けるようにしましょう。

検査の時に、レントゲン写真は撮りますか?

はい。精密検査時には必ずレントゲン写真を撮ります。

的確な治療方針を決め、治療計画を立てるためには、

レントゲン写真は必要不可欠なもので、この精密検査なしでは、矯正治療を

始めることはできません。

レントゲン写真を撮ることで、問題がどこにあるのかや、

成長による変化を予測することができます。

とりつけ式の装置がついても、トランペットやフルートなどの楽器を演奏することができますか?

 矯正治療中であっても、楽器の演奏を楽しんでいただくことができます。

通院中の患者さまの中にも部活動や趣味として

フルートやトランペットなどの楽器を演奏している方がたくさんいます。

装置をとりつけると違和感を感じる方もいらっしゃいますが、じきに慣れるのでご安心ください。

装置がつくと、むし歯になりやすくなりますか?

 とりつけ式の矯正装置がつくと歯みがきがしにくくなり

むし歯になりやすくなりますが、お口のケアを工夫することで防ぐことができます。

teethmineでは、むし歯になりやすい体質か、なりにくい体質かを調べる

『むし歯予防★だ液検査』をすべての患者さまに行っております。

この検査の結果から担当の歯科衛生士が、その方のライフスタイルに合わせた

ケアの仕方をいくつか、ご提案させていただきます。

いつものケアにプラスワンのケアをすることでむし歯になりにくい健康なお口を

維持することができるので、どうぞ、ご安心ください。

1週間に1回など早いペースで通うと矯正治療は早く終わりますか?

治療のペースは、装着する装置やお口の状態によって変わります。

早いペースで通院されたとしても、治療期間は短くなりません。

治療をスピーディーに進めるためには、先生からご提案させていただいた通院ペースで

通っていただくことが一番の近道です。

又、キャンセル等がつづくと治療が長引くことにつながりますので、ご注意ください。

お約束通りに通っていただくようにスケジュール管理をした上で、

お約束の変更は、予定が変わり次第お早めに変更のご連絡をいただくことを

おすすめいたします。

 

矯正歯科では定期的にレントゲンを撮りますが、身体には差し支えないのでしょうか?(10代女子の母)

11.jpg

心配ありません

レントゲンは、放射線により見えないところを見えるようにする、歯科治療には欠かせない装置です。

レントゲン撮影によって得られる情報は多岐にわたっていて、特に、歯と歯の間のむし歯歯を支える骨(歯槽骨)の状態などは、レントゲンなしでは見ることができません。

とはいえ、「レントゲンの被爆」、気になりますよね。

実は、私たちは日常生活を送りながら被爆しているのをご存知でしょうか。

日本にいて日常生活で自然に浴びる放射線の量は、平均約1.5mSvといわれています。(放射線の測定には Sv〈シーベルト〉という単位を用います。)

いっぽう、歯科用レントゲンでは、小さいデンタルレントゲンで1枚0,016〜0.039mSv、口全体が写るパノラマレントゲンでも約0.04mSvです。

つまり、デンタルレントゲン写真1枚は自然放射線の100分の1程度に過ぎません。

また、胎児に影響が出るといわれている被爆量は約100mSvといわれていますが、デンタルレントゲン写真の被爆量はその数万分の1です。さらには、防護エプロン(鉛入りの重いエプロン)も着用します。

ですから、妊婦の方でも歯科のレントゲンはほぼ問題にならないと考えてよいと思います。

ちなみに、当クリニックではレントゲン撮影機に、デジタルレントゲンを使用しています。

デジタルレントゲンは通常のものより5分の1から10分の1の放射線量で撮影できるので、お子さまや女性の方にもさらに安心です。

「矯正をするとやせられる」と聞いたのですが、本当ですか?(20代女性)

矯正歯科治療とダイエット・・・。直接的な効果はありません。

でも・・・,間接的な効果は期待できるかもしれません。

患者さまのなかには,矯正装置をつけてから数日間,装置の異物感と歯が動き出すときの痛みのために食事がしっかり摂れなくなる方もいらっしゃいます。

そのため,一時的に体重が落ちてしまう方もいらっしゃいますが,治療が進むにつれて異物感もなくなり,痛みも少なくなるため,体重はもとの状態に戻っていくことでしょう。

嚙み合わせが整うとフェイスラインがすっきりしてみえるため,“小顔効果”はあるでしょう。

また,矯正装置をつけていると,食後の歯磨きが習慣になるため,間食を自然に控えることにつながり,その結果,健康的に体重が落ちることは考えられます。

さらに,治療中でも嚙み合わせがよくなってしっかり噛めるようになってくると,咀嚼(そしゃく)回数が増えることにより脳にある満腹中枢が刺激され,食べ過ぎが自然に抑えられることもあるようです。

こうして考えると,矯正歯科治療とダイエットは,間接的なつながりはあるといえるのかもしれません。 

67887.jpg

ちなみに,オリコン『小顔美人ランキング』では,顔出ち、全身のバランス、ファッションなど様々な面で同性から羨望の眼差しを集めた安室奈美恵さんが3連覇を達成しています。

現在矯正治療中です。「赤ちゃんができたようなのですが・・・。」矯正治療をお休みするのでしょうか?(27歳女性)

kid0040-009.jpg

現在矯正治療中とのことですが,矯正装置をつけておられるのであれば,そう問題はありません。

レントゲン検査や抜歯は,妊娠時期によって避けるのが望ましいですが,お口に矯正装置がついて歯を移動中であれば,妊娠されても特に差し障りはありません。

臨月までは通常通り治療を進め,来院間隔を空けながら出産の準備を優先します。

つわりがひどいときや体調がすぐれないとき,または,かかりつけの産婦人科医の指示で安静が必要になった場合には,矯正歯科治療を一時中断することもあります。

矯正歯科治療を再開するのは,出産後,母子共に落ち着いてからとなります。

妊娠に伴う体の変化などにより、矯正に集中できないかもなどのデメリット(という程のものではないですが)はあるかもしれません。

例えば,,,

・つわりが酷くて歯磨きどころではない。
・赤ちゃんのために栄養のあるものを食べようと気を使う時期でもあるのに、
  治療後は歯が痛い時があるので,多少食べる物に制限が出ることもあるかもしれない。
・妊娠中から出産後にかけて,体調によっては、4〜3週間に一度の治療に通うのが難しい。
 このような事は人によってはあるかもしれません。
 また,妊娠中は,むし歯や歯周炎にかかりやすくなりますが、専門的口腔管理を受けられブラッシングなど自己管理されれば特に問題は無いと思います。

前歯にすき間が出てきました。50代でも矯正治療が受けられると聞きましたが,いかがでしょうか?(52歳 男性)

歯肉や歯槽骨(歯をささえているアゴの骨)に問題がなければ,50代の方でもじゅうぶんに矯正歯科治療をお受けになることが可能です。

ただ,成人の場合は骨の代謝機能が低下してきているので,小・中・高生の方の矯正治療のように歯は移動しません。

歯や歯周組織に問題があることも多いために,はじめに歯周治療を優先した後で,弱い力でゆっくりと歯の移動を進めてゆきます。そのために治療期間が長くなることもあります。

また,歯が抜けたまま長い間放置しておくと,両側の歯がすき間に倒れ込んでくることがあります。このような場合には,倒れている歯を起こして歯を歯槽骨の良い位置に移動することで,その後の「ブリッジや義歯,インプラント治療」をしやすくすることができます。

その際は,矯正治療の専門医だけでなく,それぞれの治療(歯周病,補綴治療,インプラント,顎関節症など)を担当される先生と連携して治療にあたり,患者さまにとって適した治療方法を相談しながら治療を進めてゆきます。

「前歯にすき間があいてきた。」ということですが,お話したように歯周疾患の治療も必要になる可能性もあります。

ガタガタの歯並びなので矯正治療を考えています。知人が「デーモンシステム」で矯正治療をしたそうです。「デーモンシステム」ってどのようなものなのでしょうか?(20歳、男性)

画像(180x102)・拡大画像(317x180)

当クリニックでも、「デーモンシステム」を取り入れております。
デーモンシステムは、結紮線やエラスティック・タイなどを使わずワイヤーをブラケットスロットに固定するブラケットシステムです。
このシステムのメリットは、その構造により「歯を優しく動かす」、「摩擦が少ないので痛みが少ない」ということがあります。

ブラケットの特徴から、従来の治療方法に比べて痛みが少なく、歯本来の動きを利用して歯列矯正を行うこ とができるので治療期間が短縮できるということがいわれています。

いっぽう、デーモンシステムによる歯列矯正のデメリットとして、その構造のため現時点では裏側矯正などが できないことです。また、金属製の素材を用いているので目立ちます。上部だけ半透明の装置もでておりますが、「マウスピース矯正」や、「裏側矯正(舌側矯正)」に比べると目立ってしまうのは否めません。多少歯磨きがしにくいというのも特徴です。

当クリニックでは、

「デーモンシステム」と同じ構造で,より目立ちにくいブラケットシステム 

も準備しています。

私は子供の頃に取り外しのできる装置で矯正をしたのですが、大人になってガタガタの歯並びになってきました。もう一度、矯正することも考えていますが、また悪くなることはないでしょうか。(25歳、女性)

子供の頃、矯正した歯並びや咬みあわせが悪くなることが稀にあります。
原因としては、矯正治療以降に生えてきた歯(例えば「親知らず」とか)がすでに生えている歯を押したり、成長によって咬み合せが変化してきたことなどが考えられます。
再度の矯正歯科治療をお考えのようですが、今度は歯もすべて生えて、成長も終了しているために、再治療をされて、歯をしっかりと留めておく保定装置をしておけば大丈夫と考えられます。
ただし、かなり年齢が高くなると、加齢(老化等)によってある程度は歯並びや咬み合わせが悪くなることがあります。

歯科医院で,「むし歯の進行が著しいので歯を抜く必要があるかもしれない」といわれました。中学生の頃、矯正治療をしています。歯を抜くことで歯並びが悪くなることありますか(20歳,女性)

良い歯並びや咬み合わせでも、いろいろな原因で悪くなってくることがあります。

歯が抜けると、すき間を埋めようと前後の歯が倒れてきます。
咬み合っていた歯も,骨から伸びてきます。

抜歯したところには
「ブリッジ:前後の歯を土台に橋渡しした人工の歯」や「インプラント:人口歯根」で補うので大丈夫です。

そのほか,歯周病(歯槽膿漏)になっても歯並びが崩れてくることがあります。
歯を適切に磨く習慣をつけ、歯科医院での定期的健診をお奨めします。

矯正装置をはずして「保定」に入りました。歯の裏側には,細いワイヤーが接着してあります。矯正中は歯磨きしにくかったのですが、「保定期間中」の歯の磨き方を教えてください。(25歳,女性)

装置を外して「保定」に入られたとのこと,おめでとうございます。

通常の磨き方は、まず奥歯の噛む面を磨き、続いて歯の裏側そして表側を磨いていきます。
歯と歯の間は窪んでおり、横磨きするとそこの部分が磨けません。
立て磨きするよう習慣づけてください。

ワイヤーで留めてある歯の裏側は、食べ物が停滞してむし歯になりやすいので、いろいろな方向から磨いてください。

高校生の娘です。学校生活が忙しく、保定装置をはめ忘れることが頻繁です。「後戻り」しているような気がします。どうすれば良いのでしょうか。(17歳,女性)

保定装置を使用しなければ、「後戻り:リラップス」する傾向があります。

できるだけ早い時期に主治医にご相談ください。

ご本人が気にされるほど悪くなっているようであれば、再治療となります。
早い時期であれば,多くの場合は短期間で治療を終えることができます。

15歳の息子です。取り外しのできる保定装置を、面倒がって使用しません。保定装置をしないと,歯並びは悪くなるのでしょうか。(15歳,男性)

歯並びや咬み合わせの改善のための歯の移動が終わると、新しい歯の良好な位置を維持するための「保定」が始まります。

移動完了直後の歯は,歯のまわりの骨や組織がしっかり歯を堅固に取り巻いていないため,動揺(動き)します。
そのため,「保定装置」を使用しなければ、「後戻り:リラップス」してゆきます。
通常、1年以上は毎日保定装置を使用する必要があります。その後は,夜間のみになり,2~3年で終了してゆきます。なかには,長期間の使用が必要な場合もあります。

「保定装置」をどうしても忘れてしまう場合には、固定式の保定装置に変更することを考慮しますので,主治医にご相談ください。

受け口で矯正歯科に通院中です。当初、永久歯を抜かなくても良いとのことで治療を進めてきましたが、先日、抜歯の必要性の説明を受けました。本人・親とも、できれば抜かずに治療を進めたく思います。このような治療方針の変更はよくあることなのでしょうか。(12歳、男子)

ご質問から推察すると、まず受け口の治療で乳歯も多くある時期(小学校低学年・混合歯列)から治療を開始された ように思われます。
乳歯の多い時期からの治療では、予想外に 顎の成長が大きかった場合や予想外に大きな永久歯が生え てきた場合には、永久歯の抜去を治療途中からご提案することがあります。
矯正歯科医は、定期的に精密検査を行ってアゴの成長過程や歯の生え替わりの様子をチェックしています。私たち矯正歯科医も、 できれば永久歯の抜去をしたくないのは当然ですが、想定外の 問題が発生しますと、その対応のために当初の説明とは異なったご提案をすることがあります。
一度、主治医によくご相談なさってみてください。

現在、矯正の治療を受けていますが、初めに矯正装置を入れておく期間は2年程度と説明されました。しかし、3年目に入っており、治療が長引いているようです。治療期間が延びることはよくあることなのでしょうか。(18歳、女性)

矯正歯科治療は、顎の関係を改善したり、歯を無理のない程度に少しずつ動かすために、予想以上に長引いたり逆に早く終わることがあります
とくに、大人の矯正治療では堅い骨の中の歯を慎重に移動するため、思いのほか長引くこともあります。
ご質問からは、治療が長引く原因はわかりませんが、矯正治療の途中でむし歯の治療があったり予約の変更が続いたりすると、予定とおりに歯が移動しないこともあります。一度、主治医の先生に相談されてみてはいかがでしょうか。

現在、矯正治療中ですが、数ヵ月後に県外転居となり、通院できそうにありません。どのような対処をすればよろしいでしょうか。(22歳、女性)

矯正歯科治療は、長期間の治療なので、このような事例はよくあります。

現在通院中の医療機関へは通院不能になるため、転居先住所の連絡を入れて下さい。
今後の治療を引継ぐ矯正歯科医を主治医に探していただく必要があります。
地域によっては、適当な矯正歯科医が近辺におられない可能性がありますので、遠隔地の医療機関に通院する可能性があることもあります。

現在通院中の医療機関における治療費清算について主治医と相談して下さい。
医療機関によっては、支払った費用が返金されたり、されない場合もありますので、治療開始当初の医療機関からの書類等を確認して下さい。

通院中の医療機関にある資料が、引継ぎ先の矯正歯科医に渡るよう手配してもらって下さい。治療当初や治療中のあなたに関する資料は、引継ぎされる矯正歯科医にとって非常に重要な情報となります。

矯正の装置を入れて一月経ちました。複雑な装置のようで、歯磨きを十分にできないようで、いろいろな食べ物がはさまってしまいます。このような装置をずっと付けてむし歯になるようなことはないでしょうか。(14歳、男子)

矯正の装置が入ると、十分に歯磨きをすることが困難になります。
私たち矯正歯科医は、矯正装置を入れる前に十分な歯磨き指導を行って、お口の中の爽快感を体感してもらったうえで、複雑な装置を入れてもその爽快感を維持してもらおうと考えています。

最近では、フッ素入りの歯磨き剤がほとんどで、むし歯の発現はかなり低くなってきました。

矯正治療中は、粘着性のある食物は極力避けて、食事の後は必ず歯磨きを励行するようお願いをしています。
特に、奥歯で矯正装置周辺は食物の残りが停滞しやすく、むし歯の発生や歯肉炎の原因となります。

外食される場合には、歯ブラシを持参するようにしてください。
学校などで歯磨きができにくい場合は、せめてウガイをするようにお願いします。
矯正用の歯ブラシ円錐形の歯間ブラシもありますので、複雑な装置の周辺ではこれらを併用することをお奨めします。

昨日、子供に矯正装置がつきました。子供が、痛くて食事ができないと、ペースト状の食べ物やジュースばかり飲んでいます。このままでは体重も減って痩せてくるのではないかと心配しています。いつまでこのような状態が続くのでしょうか。(8歳、女子)

矯正装置をお口につけた当初は、痛みが持続します(3~7日程度)。
それ以降になると、痛みは徐々に軽減し、軟らかい食物を食べられるようになってきます。
歯が移動して少し揺れてきますので、当分の間、繊維性の多い野菜やお肉を噛む際に痛みが生じ、噛み切ることができないこともあります。
よほど硬い食物は別にして、数日で普通の食事ができるようになってくると思われます。

数日前から、歯の表面にマルチブラケットという装置を付けて矯正治療をはじめました。翌日からは痛みがあり、食事がうまくとれません。矯正の治療をこれから続けられかどうか心配です。矯正装置を入れると痛いと聞いていましたが、このようなものなのでしょうか。(22 歳)

一般的に、マルチブラケット装置を付けて歯の移動を開始すると、歯が周囲の歯肉や骨を圧迫するので生理的な反応として、あるいは、装置が唇や頬の裏側に擦れるなどで痛みが出ます。
痛みの程度や持続期間には個人差がありますが、子供では3日間程度、成人では1週間程度痛みが持続します。
それ以降になると、痛みは徐々に軽減し、食事もできるようになってきます。
ただ、我慢できないほどの痛みが続くということであれば、歯が少し強く圧迫されているのかもしれません。早めに、先生にご相談してみてください。

中学1年の女の子ですが、全部の歯が永久歯になったので、全部の歯の外側に装置を付けることになりましたが大変そうです。近所のお子さまは取り外しのできる簡単な装置で治ったとのことですが、娘もこのような装置で治療することはできませんか。(13歳、女子)

矯正治療を対象とされる患者さまに装置を入れる場合、矯正歯科医は、歯が効果的に動き、痛みの少ない、見えにくい、簡単な装置を選択しようと考えます。
お嬢さんの場合は、ガタガタの歯並びや出っ歯などで多くの歯を動かさなければならないのではないかと思われます。
このような場合には、多くの歯の外側に取り付けるマルチブラケットという装置を使用するほうが、正確に迅速に多くの歯を移動させることができるため、簡単な装置を使用するよりも治療期間が短縮され、歯並びも咬み合わせも随分良くなります。
気持ちを入れ替えて、治療に望まれることを希望いたします。

矯正歯科で説明をきいた際に歯を4本も抜くといわれ、ショックでした。子供も怖がっています。健康な歯を抜いても将来問題は起こらないのでしょうか。(12歳、男子)

将来の噛み合わせと歯並びのために抜歯をすることもあります。

お子さまの場合にはそれらを達成するために、抜歯がどうしても必要な措置ということではないでしょうか。無論、治療のための抜歯につきましては、本人そして保護者の同意のもとに行われるもので、納得いかれるまで主治医にお尋ねになってください

大切なのは、「歯を抜く、抜かない」ではなく、治療後の状態を正確に予測し、噛み合わせと歯並びを整えてゆくことです。そのためには、どうしても抜歯しなければ治せない症例もあることを、ご理解下さい。

現在、子供が矯正治療に通っていますが、レントゲンを何回か撮られ、その被爆が心配です。大丈夫なのか、アドバイスをお願いいたします。(14歳、女子)

矯正歯科治療は長期間の治療となることが多く、歯の多くを移動させます。
さらに顎や顎関節などの変化を定期的に診て異常がないか確認しなければなりません。そのため、顔面、顎や顎関節のレントゲン撮影を定期的に行うことがあります。

レントゲンの撮影時には、被爆を最小限にとどめるために鉛で覆われた防護服を着用していただきます。

一般に、歯科用のレントゲン撮影は、日常の太陽光線などによる被爆と同じ程度の範囲内で行われていいます。
ご心配であれば主治医にお尋ねになってみてください。

子供が矯正の治療を受けることになり、検査を受けました。事前の説明で納得したことですが、矯正の検査料金は数万円以上と高額なのでしょうか。(10歳、女子)

一般的なむし歯などを歯科医院や病院で検査する場合、該当する歯の数本のレントゲン検査で済むことが多く、ほとんどの場合は健康保険が適用されることになります。

いっぽう、矯正歯科治療ではほとんどすべての歯を移動することが多く、上下の顎の状態も診ておかなければなりません。顎顔面の状態に加えて、顎の関節等についても診断する必要があります。

矯正歯科治療では、例外(唇顎口蓋裂、顎変形症、認められた先天的疾患等)を除き健康保険が適用されないため、患者さまの全額自己負担となってしまう関係上、高額になることをご理解ください。

矯正歯科治療でも医療費控除ができると聞いたことがあります。主人は会社に勤めていますが、子供の矯正治療に医療費控除ができるのでしょうか。(16歳、女子の母)

いっぱんに、医療を受けられた場合、確定申告の際に「医療費控除」をすれば税金が戻ってくることがあります。

咬み合わせや歯並びを改善する矯正歯科治療も同様ですが、美容が目的の矯正歯科治療では医療費控除ができない場合があります。そのため、成人の場合は医療費控除できないことが多いようです。

医療費控除」は所得や医療に費やした金額によって異なってきます。
詳しいことは管轄の税務署にお尋ねにならなければなりませんが、医療機関で発行された領収書は必ず保存しておいてください

受け口の矯正歯科治療希望のため、相談をしたところ、症状が重いのか顎の骨を切る手術を勧められました。手術をしなければならないほど悪いとは考えておりませんでしたので驚いています。このような例は多くあるのでしょうか?お返事をお待ちしています。(22歳、男性)

歯並びや咬み合わせ(不正咬合)が極めて悪い場合(「顎変形症といいます)、とくに上下の顎がずれていることが原因で生じた不正咬合の場合、顎の大きさや位置関係を改善することが正しい治し方といえます。

顎のズレを治療せずに、歯を動かす矯正歯科単独治療で改善しようとしても、無理があり、元の状態に戻ったり、歯の寿命を早めてしまうこともあります。

手術後は、骨の位置が変化するため、顔貌も改善します。

一般に、手術を行う場合、手術の半年から1年半くらい前にマルチブラケット装置を装着して矯正歯科治療を行い、手術後も咬み合わせの微調節を行うために、半年から1年間くらいマルチブラケット装置を装着しておきます。
これら一連の矯正歯科治療については健康保険が適用されます

具体的には、手術をお受けになる病院で手術の方法とリスク、予想される入院期間や回復までの期間、さらには後遺症や治療費などに関して、十分説明をおききになり、十分な理解と納得の上で治療を選択されることをお奨めいたします

仕事柄、できましたら、目立たない矯正装置を希望します。裏側からの装置を希望して、矯正の相談にうかがいましたところ、「上は裏側から、下は表側からの装置にしませんか。」と提案されました。私としては、下も裏側からの装置を希望しているのですが。何か理由があるの?

ご希望された裏側からの装置は、「リンガルブラケット装置」 です。

この装置は「他人にはほとんど判らない」という利点があります。
ウイークポイントは、装置が歯の裏側に取ついているため、舌が接触して痛み違和感を感じること、しゃべりづらいことがあります。
上下の歯の咬みあわせによっては、「リンガルブラケット装置」を付けることが難しい場合もあります。
「リンガルブラケット装置」の調節はテクニックを要します。治療期間も若干長くなりますし、治療費も高額です

以上のような理由から、ご相談された先生は「下は表側からの装置にしませんか。」とコメントされたのではないでしょうか? 
矯正歯科医が矯正装置を選択する場合、最も効果的で目立ちにくい装置を選択していますが、患者さまの咬合状態によっては難しい場合もあります。

近年では、取り外し可能で透明な装置もありますが、最終仕上げには、従来からの「マルチブラケット装置」を併用することもあります。

娘の歯並びが悪いのですが、高校の受験期にありますが、本人はすぐに歯並びを治したいと希望しています。

高校受験をひかえられているお嬢様の矯正治療について

年齢的には、すべての歯が永久歯になっている時期と思われます。
このような場合、一般的に使用する矯正装置は、ほとんど全ての歯の表面に「ブラケット(ブレース)」と呼ばれる金具を取りつける「マルチブラケット装置」を使用します。

「ブラケット(ブレース)」には、「金属」、白くて目立ちにくい「セラミックブラケット人工サファイアブラケット」、表から見えない「リンガルブラケット」があります。

マルチブラケット装置をつけると、はじめのうち、歯を圧迫して移動するため、子供では2~3日、大人では1週間程度の違和感や痛みが続き、硬い食物を口にできないようですが、徐々に痛みも収まり、元の食生活に戻ることができます。
通院ごとに装置を調節するため、再び痛みや圧迫感がでますが、軽減していきます。

受験期はご本人にとっても大切な時期と思います。少しでも(治療などの)ストレスを回避することが必要かもしれません。
ご本人が治療を受けたい強い意思があれば、治療と勉学の両立は可能ですし、受験後に治療を開始されても、不都合はないと思います。

結婚で県外に転居します。矯正歯科治療も受けたいと考えています。どのようなことを考慮に入れれば良いですか。アドバイスをお願いいたします。

ご結婚おめでとうございます。
ご結婚と矯正治療については,「時期」と「場所」をお考えになられてはいかがでしょう。

矯正治療は,いくつになられても始めることが可能といえます。
結婚を機に転居されるのであれば、結婚・転居後など,落ち着かれてから矯正歯科治療を受けられることをお奨めいたします。

なお,県外での良い矯正歯科医の見つけ方ですが、「日本臨床矯正歯科医会」のホームページには、全国の矯正歯科医で認定医以上の方が検索できるようになっていますので、ご参考になられてはいかがでしょう。

歯並びが悪いので、矯正歯科治療を受けるかどうか悩んでいます。矯正治療の利点と欠点を教えてください。

矯正歯科治療を受けることで、顎や歯を動かして歯並びを整え、咬み合わせを改善することで、健康で美しい歯列とバランスのとれた顔貌を獲得することにより,健やかな人生をおくることができます
治療のデメリットとしては、以下のようなことがあげられますが、性差,年齢や時期によって異なり,個人差もあります。

・少しずつ顎や歯を動かすために、長期間の治療となることがあります。
・健康保険が適用されない、自費治療(患者さまの全額負担)
 となるため、高額になることがあります。
・個人差がありますが、装置を装着すると違和感圧迫感があります。
 来院調節ごとに、違和感を感じられる方もおられます。 
・やむを得ず、健康な歯を抜くことがあります。 等々です。

矯正歯科を受診され詳しくお聞きになられたうえで、矯正歯科治療を始めるかどうかお決めになることをお奨めいたします。

認定医や指導医って何ですか?

日本矯正歯科学会では資格制度を実施しています。審査に合格した先生に対しては、一定以上の知識と技術を取得していると認定しています。
認定医の資格をもつ先生は、5年以上の矯正歯科の学識、技術および臨床経験を有しています。
指導医は12年以上の研究、教育および臨床経験を有しており、多くは大学に所属しています。
専門医はさらに高度な学識、技術はもとより豊富な臨床経験等を有している先生を認定しています。
また,これらの資格を保有されていない矯正歯科医においても、高い学識や技術,臨床経験を有している先生も多くおられます。

矯正治療を考えていますが,半年以内先に,結婚を予定しております。どのように進めてゆくのがよいでしょうか?

ご結婚おめでとうございます。
ご結婚と矯正治療については,「時期」と「場所」をお考えになられてはいかがでしょう。

矯正治療は,いくつになられても始めることが可能といえます。
一般的に,結婚、妊娠,転居等はストレスの原因となります。
また、個人差がありますが、人によっては矯正治療も多少なりともストレスとなります。

「妊娠」については初期がもっとも大切な時期とされています。
そのため,矯正歯科治療と同時進行にならないようにしたほうが無難な方もみえます。いっぽう,ご自身が矯正治療を受けながら,元気に出産される方もおられます。

結婚を機に転居されるのであれば、結婚・転居後など,落ち着かれてから矯正歯科治療を受けられることをお奨めいたします。

なお,県外での良い矯正歯科医の見つけ方ですが、「日本臨床矯正歯科医会」のホームページには、全国の矯正歯科医で認定医以上の方が検索できるようになっていますので、ご参考になさってはいかがでしょう。

友達が矯正(歯に金具をつけてます)を始めましたが,痛そうにしている時があります。ホントのところ矯正治療って、痛くないですか?

ご質問から推測して、ご友人は,ほとんど全ての歯(永久歯)の表面に金具を取り付けるマルチブラケット装置を使用されているようです。このような装置を装着した当初、歯を圧迫して移動するため、子供では2~3日、成人では1週間程度痛みが続きます。痛みや違和感には個人差があり,硬い食物も食べられない方もおられます。徐々に痛みも収まり、元の食生活に戻ることができます。通院ごと(約1か月ごと)に装置を調節するため、再び痛みがでることもありますが、そのインターバルは短くなり軽減してきます。

スポーツをしてるのですが、矯正治療出来ますか?

成績向上のため、『オリンピック選手』も矯正治療をしています。
スポーツには身体のバランスが必要とされますが、咬み合わせの改善によって体のバランスが改善されることは、多くの種目でアスリートたちの結果が証明しています。
矯正歯科治療中は歯周組織が敏感になっている時があるので、運動中でパワーを出す時に強くかみ締めると、一時的に痛みが出ることもあります。
格闘技などの場合には、歯や周囲組織、くちびる等を護るための『スポーツガード』の使用をおすすめします。

どんな装置を使うのですか?

私たち矯正歯科医が矯正装置を選択する場合には、最も効果的で「目立ちにくい装置」を第一に候補に挙げます。
しかしながら、「目立ちにくい装置」といっても、患者さまと先生の間では意識のズレもあり、患者さまが満足されない場合もあります。
近年では、取り外し可能で透明なマウスピース様の装置『インヴィザライン』『クリアライナー』等もあります。簡単な歯の移動は大丈夫ですが、治療に限界があることもあり、最終仕上げの際には、『ブレース』をつけることもあります。

矯正治療って,いつ頃から始めるのが良いでしょう?

予後を考えると,矯正歯科治療は「成長発育期」に行うのがよいとされています。

しかしながら、幼児の場合は治療自体が困難な場合もあり、ある程度分別のつくようになって,治療することを意識できるようになってからが好ましいといえます。これには年齢的個人差もあります。
そういった意味からすると,小学生から中学生の間に治療開始することが多くなります。教科書的には,「6,7から12,3歳」がベストといえます。
 
いっぽう,近年では中・高年といわれる年齢の方でも治療が可能です。ただ、この年齢では成長・発育が終了しており歯の移動がゆっくりと進むために,治療期間が長くなります。
さらには,むし歯や歯周病の治療を受けていたり既に無くなっている歯がある場合も多く、治療に制約がでたり、審美的に矯正装置を見せたくないと言われる方もおられます。

一度、矯正相談を受けられ、お考えになることをお奨めいたします。

歯並びが良くないのと思うのですが、放っておくとどうなるのでしょう?

一般的に悪い歯並びや咬み合わせがあると、次のような問題が起こると考えられています。

顎の正常な成長・発育が阻害される。
ますます歯並びや噛み合わせが悪くなる
硬い食物を食べることが困難になる
むし歯や歯周病になりやすく、歯の寿命が短くなる
口元の印象が悪くなり、劣等感を感じる方もおられます

いっぽう、「『8020』80歳で20本、自分の歯を残そう。」という歯科医師会主催のキャンペーンがありますが、
東京都や千葉県に住んでいる8020の達成者300人を調査をしたところ、ほぼ全員の咬み合わせが良好であることがわかりました。
別の調査では、咬み合わせがよくない人は、咬み合わせがいい人に比べて噛む力が半分だということが明らかになっています。

咬み合わせや歯並びを治すのに、遅いこと(手遅れ)はありません。
まずは、自分の口の中の状態を知ることからはじめてみて下さい。
気になるところがあれば、矯正歯科医に相談してみましょう。
また、定期的に検診に行くなど、メンテナンスを続けていくことも大切です。

歯並びが悪いので、治療したほうが良いのか悩んでいます.

矯正歯科医からみて、自然な状態で完全に美しい歯並びと咬み合わせを持つ人は稀で,多くはおられません。ほとんどの方が,何らか悪いところがあるようです。
歯並びや咬み合わせの不調和が,日常生活に支障をきたしている場合には、矯正治療の対象となります。
さらには,「出っ歯」「受け口」「口元が出ている」「交叉咬合」など、歯並びが原因で顔の審美性を問題とされ、ひいては精神的問題につながることもあります。
その際は,矯正歯科の専門医にご相談されることをお奨めします。

・顔はおおむね対称的?
・歯並びは左右対称?
・横顔で,唇がひどく出ていたり、引っ込んでいることはない?
・上の歯はすべて下の歯を覆っている?
・上下の前歯の真ん中が一致している?
・歯のガタガタや、隙間が空いていない?
・上の前歯や下の前歯が前に出ていない?
・上の前歯や下の前歯が,逆に引っ込みすぎていない?
・前歯がひどく伸び出ていない?
・食べ物が,口のなかで部分的に溜まったり、歯の間にはさまることはない?
・歯がすごくすり減っているところはない?
・口臭はある?

以上の項目から,ご自身の歯並びや咬み合わせをチェックされてはいかがでしょう?

診療前のご相談・お悩みはお気軽にお問い合わせください

矯正治療のお悩みは、まず当クリニックにご相談ください。